歴史を想う霧島山&開聞岳

山登り
日本には火山が多くあります。
霧島連山ももちろん活火山で、新燃岳はその活動著しく山頂付近は規制されています。
先月にえびら高原でも火山性微動が観測され入山規制されていたので、今回は唯一入れるルートである大浪池側からピストンしてきました



2014年11月18日時点での規制情報です。



山頂からは新燃岳と高千穂峰が見えました



麓には、龍馬とおりょうが訪れたしおびだし温泉があります。

龍馬好きには興味深い場所ですね。



翌日は高千穂峰へ



登山口には昔の霧島神宮のあった名残があります。

山頂には、龍馬が引き抜いて遊んだという天の逆鉾があります。



抜こうとは思いませんでしたf^_^;

下山し現在の霧島神宮へ。



お風呂はオススメの新湯温泉にて。



翌日は開聞岳に登頂



6時前に出発したので山頂で朝焼けが見れました。

下山は50分かからず。
降りて振り返るとカッコイイ開聞岳



指宿の天然砂むし風呂に入り?埋まり、汗を流して、知覧に行きました




そして維新ふるさと館へ



維新の時代や、戦争の時代を経て、今の日本があります。

自分の仕事を全うしなければと感じる山旅でした(*^_^*)



コメント

非公開コメント