道志川大群沢

沢登り
まだまだ多い(≧∇≦)

そう、雪です。

沢に出かけたつもりが半分は雪渓登りでした。

大室山は丹沢北部にある、神奈川県と山梨県の境界の山です。

その大室山の地図を見ていて気になったいたのがこの大群沢です。

沢の計画は、有名な沢にも行きますが、地図を眺めて面白そうな沢を探すんです。下降する尾根や沢も探して日数決めて計画を練るんですね。

エクスプローリング
なのですね。まさに自由な冒険。それが沢の魅力の一つです。

まして、記録の見当たらないような未知の、予備知識なしの場所は発見だらけで楽しいんです。

もちろん今時未遡行の沢はほとんどないので、記録にないのは遡行価値のない沢、となることも多いですが。

大群沢は、大渡キャンプ場に車を止めて(1日千円)沢支度して出発。


三段の滝を登ります。
20140427_01.jpg



へつったり小滝を登ったりなかなか期待が持てそうな渓相です。

20140427_02.jpg



しかし、川海苔自生地の看板以降は平凡に。

20140427_03.jpg



さらに雪渓が広がります。

20140427_04.jpg



だいぶ登ってから振り返ると、、、

20140427_05.jpg


そこから劇悪のボロボロルンゼをロープを出して登ります。

20140427_06.jpg



そして4ピッチほど登って終了となりました。

山腹をトラバースして登山道にぶつかり、そのまま下山。

結局、沢としては最初だけがハイライトでしたが、最後はハクサンイチゲが癒してくれた沢でした(^o^)

帰路すぐに登った沢を遠望すると雪がべったりでした。

20140427_07.jpg






コメント

非公開コメント